ムラの暮らしを学び、体験する地域密着型の交流プログラム

九州ツーリズム大学特別講座

2018年12月5日(水)- 6日(木)

スケジュール

1日目2018年12月5日(水)

13:00 ~ 受付
13:30 ~ 講義:「九州のインバウンドの現状とこれから」
若林宗男 氏(若林ビジネスサポート)
15:00 ~ 講義:中尾誠二 氏(福知山公立大学地域経営学部教授)
16:00 ~ パネルディスカッション:
「九州の観光とインバウンドの動向について」
パネラー:北里有紀 氏(黒川温泉観光旅館組合 代表理事)、太田慎太郎 氏(湯布院温泉観光協会 専務理事)、中尾誠二 氏
コーディネーター:若林宗男 氏
18:30 ~ 交流会

2日目2018年12月6日(木)

  9:00 ~ 講義:「フットパスについて」
井澤るり子 氏(合同会社フットパス研究所 代表)
フィールドワーク:北里フットパスコースを歩く
12:00 ~ 終了・解散

講師

若林 宗男 氏

若林ビジネスサポート

1975年国際基督教大学卒業、テレビ東京入社。
2011年福岡市に家族を伴い移住。2012年若林ビジネスサポートを設立。RKB毎日放送「今日感テレビ」でニュースコメンテーターを務め、2016年九州観光推進機構に九州観光広報センターが設立され、副センター長となる。九州大学学術研究・産学連携本部アドバイザー、(一社)九州通訳・翻訳者・ガイド協会理事、(一社)九州の食理事・広報委員長、(一社)ふるさと創成の会理事。

若林 宗男 氏

中尾 誠二 氏

福知山公立大学地域経営学部教授

筑波大学環境科学研究科を修了後、農林水産省の財団職員、成美大学准教授を経て、2016年から現職。博士(農学)東京農工大学。
農林水産省の財団職員として都市農村交流関係の業務に携わりながら、少人数分宿型教育旅行等の宿泊先として注目されている「農山漁村民泊」について研究してきた。2011年4月からは京都府福知山市の大学で「多自然圏(≠大都市圏)の地域活性化」を目指して研究・実践・教育に取り組んでいる。

中尾 誠二 氏

井澤 るり子 氏

合同会社フットパス研究所 代表

地域に残る豊かな文化・景観を歩きながら楽しむ「フットパス」を各地に普及させ、その素晴らしさを伝えるインタープリター。地域が主役の美里フットパスを推進し、美里フットパス協会副会長。2016年「合同会社フットパス研究所」を起業し代表を務める。日本フットパス協会理事、地域振興並びに歩く文化の創造と普及に向け方面で活躍する。総務省地域力創造アドバイザー。

井澤 るり子 氏

受講について

開催日 2018年12月5日(水)~6日(木)
対象者 地域活性化や田舎暮らしに興味のある方
募集人数 50名
受講費用 無料
その他費用 宿泊 3,850円、夕食・交流会費 3,000円、朝食 550円(各税込)
会場・宿泊 木魂館(学びやの里)

会場へのアクセス

周辺マップ