ムラの暮らしを学び、体験する地域密着型の交流プログラム

小国小商い塾

2019年11月20日(水)- 21日(木)

スケジュール

1日目2019年11月20日(水)

13:00 ~ 受付
13:30 ~ 開講式・オリエンテーション・自己紹介
14:00 ~ 講義「移住者と小商い ~移住支援を通じて~ 」
窪田 司 氏(福岡移住計画ディレクター)
15:00 ~ 講義「小商いを通して考える働き方と暮らし方」
下野 弘樹 氏(未来の発明家/ON THE STAGE)
16:00 ~ 事例紹介「できる方法を考える × 危機感から生まれる次の仕事」
穴井 喜織 氏(chops design/観光地域づくりアドバイザー)
16:40 ~ ワークショップ「小商いを考える・始める・育てる」
下野 弘樹 氏(未来の発明家/ON THE STAGE)
18:30 ~ 交流会

2日目2019年11月21日(木)

  9:00 ~ 体験「小国ジャージー牛乳 モッツァレラチーズ作り」
杉本 いよ 氏
12:00 ~ 閉会・アンケート・解散

講師

窪田 司 氏

福岡移住計画ディレクター

宮崎県出身、新卒で東京の出版社兼広告代理店で働き、移住促進雑誌「TURNS」の創刊時より携わり、2014年に自らも福岡へ移住。厚労省事業「筑後地域雇用創造協議会」にて観光プログラム・商品開発に従事後、現在の「福岡移住計画」へJOIN。現在はメディアの編集企画と撮影、シェアオフィスの運営を行う。

窪田 司 氏

下野 弘樹 氏

未来の発明家/ON THE STAGE

東京でNPO支援のベンチャー企業を経て福岡で何の経験もない企画職で独立。プレイスメイキング(場づくり)×小商いを主軸として、福岡の商業施設内を中心に複数のポップアップショップを企画運営。小さく始めて徐々に育てることを得意とし、まちに舞台をつくるというテーマで、個人や小規模の事業者・表現者にとって挑戦できる場と機会をつくり続けている。

下野 弘樹 氏

穴井 喜織 氏

chops design/観光地域づくりアドバイザー

東京、広島でサラリーマンを経て、2003年1月に地元小国へUターン。その年の4月にカフェバーとchops designを始める。2013年にカフェバーを閉店。2014年にレーザー加工機を導入し、「KIORI」を立ち上げる。2015年より杖立温泉で週末だけオープンする「杖バー」を開業。その1年後からAirbnbをしていたが、民泊新法施行により停止中。自ら何かしら行動をおこしオグニライフを楽しんでいる。

穴井 喜織 氏

受講について

開催日 2019年11月20日(水)~21日(木)
対象者 地域活性化や田舎暮らしに興味のある方
募集人数 20名
受講費用 無料
その他費用 宿泊 3,900円、夕食 3,100円、朝食 600円(各税込)
※10月1日より変更となりました。
※宿泊される方は、寝間着・タオル・歯ブラシ等持参ください。
会場・宿泊 木魂館(学びやの里)

会場へのアクセス

周辺マップ