地域おこし講座 -地域おこし協力隊 九州サミット-

2016年9月14日(水)- 16日(金)

== 講座は終了しました ==

スケジュール

1日目2016年9月14日(水)

13:00 ~ 受付
13:30 ~ 開講式、オリエンテーション
13:45 ~ ワークショップ 「テーマ毎に分かれてグループワーク」
コーディネーター:古川 寛(九州地域お越し会会長)、河井 昌猛(元日田市地域おこし協力隊)、小金丸 麻子(うすきツーリズム活性化協議会)
16:00 ~ 分科会 テーマ「任期後のこと」「地域や行政との関わり」など
コーディネーター:高萩 誠(川南町地域おこし協力隊)、高田 直木(八女市地域おこし協力隊)、奥平 大(元大刀洗町地域おこし協力隊)ほか
19:00 ~ 大交流会 夜なべ談義

2日目2016年9月15日(木)

  9:00 ~ ワークショップ「九州サミットの仲間でできることを考えよう」
12:00 ~ 昼食
13:00 ~ フィールドワーク「木の駅プロジェクト体験」
木材搬出、薪割り、薪ボイラー視察など
17:00 ~ 片付け作業、入浴、フリータイム
19:00 ~ 大バーベキュー大会

3日目2016年9月16日(金)

  9:30 ~ 基調講演
「ローマ法王に米を食べさせた男 高野誠鮮が語る ~地域づくりについて~」
講師:高野 誠鮮 氏
12:00 ~ 終了・解散

講師

高野 誠鮮 氏

立正大学客員教授/総務省地域力創造アドバイザー

日本の科学ジャーナリスト、日蓮宗僧侶、町おこし専門家。石川県出身。大学在学中から科学ジャーナリスト、テレビ構成作家として活動。その後、実家の寺を継ぎ僧侶となる。兼業で寺を管理しながら羽咋(はくい)市役所に勤務。UFOでまちづくり、ローマ法王に神子原米を献上、その他様々な方策で地域活性化に貢献。著書に『ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』。

受講について

開催日 2016年9月14日(水)~16日(金)
対象者 地域活性化や田舎暮らしに興味のある方
募集人数 70名
受講費用 無料
その他費用 宿泊費 3,564円×2、懇親会費2,896円×2、朝食540円 × 2
合計 14,000円
※昼食は含まれません。
会場・宿泊 木魂館(学びやの里)

会場へのアクセス

周辺マップ